動名詞とto不定詞の使い分け・例文(例題)

動名詞とto不定詞の使い分け・例文(例題)について英語入門者向けにまとめました。

【はじめに】動名詞とto不定詞の使い分け

動名詞は「現実をあらわす」のに対して、to不定詞は「非現実をあらわす」という違いがあります。

例文 意味
I forgot buying the game. (私はそのゲームを買ったことを忘れた。[ゲームは買っているが、買った出来事を忘れている=現実])
I forgot to buy the game. (私はゲームを買い忘れた。[ゲームをまだ買っていない=非現実])

この「forgot」のように、to不定詞と動名詞を両方とる場合は、意味が異なる場合があるので注意が必要です(変わらない場合もあります)。

動名詞を目的語にとる動詞 enjoy, recall, finishなど
to不定詞を目的語にとる動詞 want, decide, agreeなど
動名詞と不定詞を共に使え、意味が変わる動詞 forgotなど

■動名詞と不定詞で意味が変わる代表例

remember Ving 「Vしたことを覚えている」
remember to Vは「これからVすることを忘れない、覚えておく」

forget Ving「Vしたことを忘れる」
forget to V「Vし忘れる」

try Ving「(結果を見ようと)ためしにやってみる」
try to V「(何か困難なことを)しようと努力する」

regret Ving「Vしたことを後悔する」
regret to V「遺憾ながらVする」

【動名詞を目的語にとる動詞】enjoy

enjoy(~を楽しむ)は次のように動名詞を目的語にとります。

I enjoy playing this game. (私はこのゲームを楽しんでいる)

「楽しむ」の対象は「このゲームをプレイしている」という現実の行為であって、「これからゲームをプレイすること(to不定詞)」という非現実ではありません。
よって、動名詞(現実の行為)が使われます。

【to不定詞を目的語にとる動詞】

want(~をしたい)は次のように動名詞を目的語にとります。
to不定詞は非現実をあらわす。to不定詞を目的語にとる動詞の例を見ていこう。

I wants to play this game. (私はこのゲームをプレイしたい)

「ゲームをプレイしたい」というのは願望であり、まだ起きていない未実現のことなので、to不定詞が用いられます。

【違い】前置詞の後ろは動名詞(不定詞は駄目)

前置詞(名詞の前に置く詞)の後ろには通常、名詞が来ます。

前置詞 + 名詞 [=前置詞の目的語] 

動名詞とは動詞を~ing形にすることで、名詞の役割を持たせたものなので、前置詞の後ろには動名詞が来ることもあります。
ただし、不定詞の名詞的用法(to + V)は、名詞よりも動詞の性質が強いため、前置詞の目的語にはなれないため、前置詞の後ろに置くことが出来ません。

○ 前置詞 + Ving
☓ 前置詞 + to V 
【動名詞】前置詞 + Vingは良くて、不定詞は駄目な理由
前置詞 + Vingは良くて、不定詞は駄目な理由について英語入門者向けにまとめました。
【超入門】英語の基礎文法編
英語の基礎文法について入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました