【関係代名詞とは】who・whose・whom・which・that・what・whereの違いと使い分け・例文(例題)

関係代名詞とは?使い方と例文(例題)について英語入門者向けにまとめました。

【はじめに】関係代名詞とは

関係代名詞とは「who」、「whose」、「whom」、「which」、「that」、「what」「where」などのことです。
これらは疑問詞として使われますが、関係代名詞としても使えます。
関係代名詞は、2つの文を1つの文にする場合に使用します。
このとき一方の文は、もう一方の文のある名詞を説明(限定)しますが、この限定される名詞を「先行詞」といいます。

who、whose、whom 先行詞が「人」の名詞になっている時に「who」、「whose」、「whom」のいずれかを使います。
where 先行詞が「場所」の副詞になっている時に使う関係副詞
which 先行詞が「目的格」の名詞になっている時に使う関係代名詞

例1 whereの場合

Japan is the country where(☓which) I was born.

この文では形容詞節が「which I was born」、先行詞が「the country」です。
先行詞を形容詞節に戻すと「I was born in the city.」となり、前置詞inを追加する必要があります。
つまり、先行詞が「場所」の副詞になっているので関係副詞 whereを使う必要があります。

例1 whichの場合

Japan is the country which(☓where) I visited.

先行詞を形容詞節に戻すと「I visited the country last year.」となります。
前置詞を追加する必要がないため、先行詞は「目的格」だとわかります。
よって、whichが正解となります。

関係代名詞(which)・関係副詞(where)の違いと使い分け・例文(例題)に
関係代名詞(which)・関係副詞(where)の違いと使い分け・例文(例題)についてまとめました。
【超入門】英語の基礎文法編
英語の基礎文法について入門者向けにまとめました。
文法
英語超入門

コメント

タイトルとURLをコピーしました